黒ニキビってどうやってケアすればいいの?

それが黒ニキビです。
白ニキビは古い角質などで肌の表面がふさがれているために、皮脂が肌の内側にたまってしまうことが原因で現れます。
そして、肌の内側から押し出された皮脂成分が酸化して黒くなってしまうので、黒ニキビは白ニキビよりも大きいことが多いですし、また、白ニキビよりも成長しているので、黒ニキビが赤ニキビに変わってしまう前に急いで治療をしなければいけません。
黒ニキビができやすい方は、肌の角質ケアがきちんと出来ていないのかもしれません。
そのため、白ニキビや黒ニキビができやすい方は定期的に肌の角質ケアや毛穴ケアなどを行なう事が大切です。
黒ニキビのケアは基本的に白ニキビのケアと同じなのですが、ニキビ跡を残さずに治療をしたい場合には皮膚科などで専門的な治療を受けた方が良いでしょう。
そうなる前にニキビは早期治療が大切なのです。