看護師の初任給は低いと思い?

看護師の初任給は低いと思います。
実際に入院してみて一日、看護師をみていると、重病な患者が入院していない日には、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、その作業だけでもかなり忙しいのです。
重篤なクランケが入院している場合には、さらに大忙しになってしまい、気持ち的にも相当ストレスが強まるでしょう。
高校に入った時点で進学先が衛生看護科だと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。
しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。
また、最低5年で試験を受けられますが、期間が短いことが理由で試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が困難という側面もあります。
看護師の資格をとるための国家試験は、1年に1度行われます。
看護師の不足が問題となっている我が国にとっては喜ばしいことに最近の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高水準を保った状態です。
看護師の国家試験は、大学のような選抜するための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格することができる試験です。
日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料UP率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。

看護師求人サイトランキング!転職サイト比較術【給料UP&待遇改善】