公認会計士になるための方法は?

世界を視野に入れて、公認会計士として働きたい、というケースについてです。
日本の会計士試験を受験したら、次はUSCPA受験をするというケースがよくあります。
確実にアメリカに在住する予定がなければ、順序としてはこれが一番賢明といえます。
日本在住なのに、CPAのみを持っているという状態では、あまり意味が無いからです。
しかし、日本の公認会計士で、なおかつCPAもあるというダブルホルダーであれば、日本国内での需要があります。
そして、だからこそ海外で公認会計士として働く機会やきっかけが巡ってくる立場になれるでしょう。
日本の企業や監査法人から海外へ出向する経験が、現地の企業や監査法人への転職を、より現実的なものにしてくれます。