日通の引っ越しアルバイトの思い出とは?

私は20代の頃、日通で引っ越しのアルバイトをしたことがあります。
最初は大勢の社員とアルバイトで事務所の移転作業をすることが主な仕事でした。
毎日仕事をしていると、認められたのかどうかはわかりませんが、特別な部署に回されました。
それは社員の運転手一人と、アルバイト一人でコンビを組み、一人暮らしの引っ越しを専門にやる仕事です。
大家族と違い、一人暮らしの場合は比較的に荷物が少ないのですが、引っ越し当日まで日常生活を送っている場合があります。
これには困りました。
二人で梱包から始め、家具も傷つけないようにクッションや毛布でくるんで運びます。
しかし何度も何度もお礼を言われる仕事なので、嬉しい気持ちになります。
私は人と接するのが好きな性格なので、一般の家庭へ行き、お客様と会話しながらの作業は遣り甲斐があります。
一人暮らしですから学生が多く、女性の方も多かったので、懇切丁寧に仕事をしました。
日通でのアルバイトは良い思い出です。