住宅ローン、年収に対する適正借入額は?

住宅ローン年収に対する適正借入額の目安としては、25%程度といわれています。
平成24年の総務省による調査では、47.
8歳、3.
4人世帯の平均支出は1ヶ月あたり、313,874円でした。
また、総務省によるサラリーマンの年収平均額は408万円となっています。
408万円の25%は102万円です。
残り306万円での夫婦と子供の生活はイメージできますか?家賃がかからないとはいえ、1ヶ月あたり255,000円ですがここから食費、光熱費はもちろん、教育費、交通通信費、家電の購入などの費用を捻出することになります。
現在の家賃が85,000円以上であれば、年間返済額と同等ですから生活スタイルが急に変わることはありませんが、お子さんが小さい場合、中学、高校、大学進学と支出が大きくなりますから25%の借り入れは上限だと考えたほうが良いでしょう。
住宅ローンは年収の何倍まで?借入れ額の目安は?【審査に通る収入割合】