銀行カードローン契約必要書類

銀行カードローンも例外なく、そのほとんどが窓口に足を運ぶことなくすべての手続きをインターネットと郵送だけで済ますことができるようになってきています。
そのために、銀行カードローンの申し込み時には、申し込んだすべての方が審査を受けることになります。
その審査を受けるために、申し込み時にいくつか必要になるものがあるのです。
銀行カードローンへの申し込み時に必要になる書類は各銀行によって異なる場合がありますが、多くの場合が本人であることを確認できる書類と、所得を証明できる書類の2種類となっています。
まず本人を確認できる書類についてですが、具体的には健康保険証や運転免許証・パスポートなどの身元と住所を確認できるものが必要になります。
しかし、50万円を超える金額の融資を受ける際には、ほとんどの銀行カードローンで所得証明が必要になります。
具体的には、源泉徴収票や住民税決定通知書、確定申告書、給与証明書などの書類が必要になります。
またこうした所得を証明する書類が準備できない場合には、お住まいの各市町村の発行する所得証明書を用意できれば大丈夫です。
銀行カードローンの契約時には、こうした書類が必ず必要となります。
銀行カードローン比較!審査甘いのは?【おまとめ低金利おすすめ】